授乳情報

新生児の授乳量

母乳授乳ができない母親としても初は必ず飲ませるようにします。 生まれたばかりの赤ちゃんは母乳を吸うことが旨くなくて母の母乳の分泌も円滑でない場合が多いため、母乳授乳は思ったより易しくないです。 1ヵ月程たって母の栄養がよく、情緒的に安定されれば赤ん坊の乳を吸う行為も上手になって乳の譲渡、それに合わせてよく出て、授乳リズムが規則的に捕えられ始めます。 最近は調剤粉ミルクも母乳に近いに栄養のバランスを成した製品が多く、避けられない場合、必ず母乳を固守する必要はありません。 生後1ヵ月になると、赤ちゃんは食べる量が増加して、人工授乳の場合、大抵は3時間間隔で一日6回、4時間間隔で一日5回程度食べるようになります。 夜には6時間ほど間隔を遅らせることが良いんです。 しかし、赤ちゃんによって差があり、生後2、3ヵ月まで真夜中に何回も授乳を望むことができます。 泣く赤ちゃんをなだめる手段として無条件に乳を課すのは習慣になることもあるため、注意しなければならないが、赤ちゃんがお腹がすいて眠りから覚めたら、授乳をするようにしてください。 授乳時間は15分程度が適当で、長くても20分以内に終えなければなりません。

初遊

分娩直後に出る黄色くて濃い色の母乳で、約1週間で成熟した母乳になります。 タンパク質と免疫物質、ビタミンAの含有量が高く、脂肪や乳糖が少ないため消化に良く、下痢の作用があって胎便を押し出すので、赤ちゃんの最初の食事として理想的です。

授乳量

一般的な調乳処方は下記の通りです。 参照することは良いが、スユリャンは赤ちゃんの年令や体重によって様々な差を見せます。 調乳処方は1日に必要なカロリー所要量、水分所要量と牛乳のカロリーベースに作成します。
カロリー所要量:110(110–120)kcalkg
水分所要量:150(130-160) mLkg
牛乳 100mL = 約70kcal
0-12ヶ月(3.3kg):80ml、7-8回
12-1ヶ月(4.2kg):120ml、6-7回
1-2ヶ月(5.0kg):160ml、6回
2-3ヶ月(6.0kg):160ml、6回
3-4ヶ月(6.9kg):200ml、5回
4-5ヶ月(7.4kg):200ml、5回
5-6ヶ月(7.8kg):200-220ml、4-5回

母乳と粉ミルクを一緒に飲ませる。(混合授乳)

母乳授乳だけで十分なら、必ずしも粉ミルクを一緒に飲ませる必要はありませんが、母親が体が弱かったり病気で母乳が出にくい場合は、母乳と粉ミルクを並行して飲ませるしかありません。 混合授乳の際は、赤ちゃんが人工乳首に適応できるようにしなければなりませんが、最初の1回目の授乳から始まり、昼間に赤ちゃんがお腹が空いている時に粉ミルク授乳をして適応させるようにしましょう。 粉ミルクで補充する際は、まず母乳を飲ませて、体重が1日平均30-40gほど増え、尿を7回以上出して、最初の月は少なくとも1日に大便を1回以上出しているかを調べ、足りないようなら補充しましょう。
また、赤ちゃんの便の量が少なかったり色が茶色または青色であれば母乳量が少ないことで補わなければなりません。 ただし、普通の場合、母乳だけで十分なので簡単にミルクを追加することはしないでください。 赤ちゃんによく吸われるのが、一番すばらしい母乳生成と分泌の刺激剤なので、十分な母乳授乳のためには我慢が必要です。