法的告知

a.kobeeの法的告知をお知らせいたします。

[第1章総則] 

 

第1条(目的)

 

標準約款第10023号

この規約は、esealtech会社(電子取引事業者)が運営するa.kobeeモール(以下「モール」という。)が提供するインターネット関連サービス(以下「サービス」という)を利用するに当たって、サイバーモールと利用者の権利・義務及び責任事項を規定することを目的としています。

※「PC通信などを利用する電子取引についても、その性質に反しない限り、この約款を準用します」

 

 

 

 

第2条(定義)

 

 

 

①「モール」とはesealtech会社が財貨または用役を利用者に提供するために、コンピュータなどの情報通信設備を利用して財貨または用役を取引することができるように設定した仮想の営業場をいい、併せてサイバーモールを運営する事業者の意味としても使用します。

 

②「利用者」とは、「モール」に接続し、この約款に基づいて、「モール」が提供するサービスを受ける会員及び非会員をいいます。

 

③「会員」とは、「モール」に個人情報を提供して会員登録をした者であって、「モール」の情報を継続的に提供され、「モール」が提供するサービスを継続的に利用できる者をいいます。

 

④「非会員」とは、会員に加入せずに「モール」が提供するサービスを利用する者をいいます。

 

 

 

 

 

 

 

第3条(規約などの明示と説明と改訂)

 

 

 

①「モール」は、この約款の内容と相互及び代表者の氏名、営業所の所在地住所(消費者の苦情を処理することができる場所のアドレスを含む)、電話番号・模写伝送番号・電子メールアドレス、事業者登録番号、通信販売業申告番号、個人情報保護責任者などを利用者が容易に知ることができるよう、「モール」の初期サービス画面(全面)に掲示します。ただし、利用規約の内容は、利用者が接続画面を介して表示できるようにすることができます。

 

②「モール」は、利用者が利用規約に同意する前に、利用規約に定められている内容のうち、申込撤回・配送責任・返金条件などの重要な内容を利用者が理解できるように、別の接続画面やポップアップ画面などを提供して、利用者の確認を求めなければならない。

 

③「モール」は、電子商取引などの消費者保護に関する法律、約款の規制に関する法律、電子取引基本法、電子署名法、情報通信網利用促進等に関する法律、訪問販売等に関する法律、消費者保護法など関連法を違反していない範囲でこの規約を改正することができます。

 

④「モール」が規約を改正する場合には、適用日及び改正理由を明示し、現行約款と共にモールの初期画面にその適用日の7日前から適用日の前日まで公知します。

 

ただし、利用者に不利に約款の内容を変更する場合には、少なくとも30日以上の事前猶予期間を置いて公知します。この場合、「モール」は、改正前の内容と改訂後の内容を明確に比較して、利用者が分かりやすいように表示します。

 

⑤「モール」が規約を改正する場合には、その改正規約は、その適用日以後に締結される契約にのみ適用され、その前に、既に締結された契約については、改正前の規約条項がそのまま適用されます。ただし、すでに契約を締結した利用者が改正規約の条項の適用を受けることを希望する旨を第3項による改正規約の公知期間内に「モール」に送信して、「モール」の同意を得た場合には、改定約款条項が適用さされます。

 

⑥この約款で定めない事項とこの約款の解釈に関しては、電子商取引などの消費者保護に関する法律、約款の規制等に関する法律、公正取引委員会が定める電子商取引などの消費者保護指針及び関係法令または商慣習に従います。